学資保険の保険料を節約するなら一括払い

学資保険の保険料を節約するなら一括払い

学資保険の保険料は、保険期間中毎月支払っていくものであると考えている人は多いことでしょう。確かに、大半の保険加入者は、毎月勤務先から支払われる給与から保険料を支払っています。しかし、保険料はお金に余裕があれば満期ぎりぎりまで払い込む必要はなく、満期になる時期よりずっと前に払込を終了させることもでき、場合によっては一括払いで即座に払込を終了させることもできます。

学資保険を一括払いする最大のメリットは払い込む保険料を節約できることで、保険のプラン次第では毎月保険料を支払う場合より1割以上払い込み総額が少なくなります。支払い方法を変えることで満期保険金や祝い金の総額が変わることは基本的にはありませんが、保険料の払い込み総額が少なくなることで返戻率はアップします。

ただし、学資保険の保険料を一括払いする場合には注意しなければならないことがあります。それは、一括払いの方法には「一時払い」と「全期前納払い」の2種類があるということです。どちらも1回の支払いで保険料の払い込みを完了させられる点は一緒ですが、全期前納払いにすると契約者が死亡した場合や途中で解約した場合には残存期間分の保険料を全額返還してもらうことができ、生命保険料控除も毎年適用させることができるメリットがありますが、一時払いにすると全期前納払いより払い込む保険料の総額をさらに減らせるメリットがある反面、払い込んだ年の分しか生命保険料控除を適用させることができないデメリットがあります。一時払いと全期前納払いはともに、保険商品によっては選択できない場合があるので、学資保険を選ぶ際には注意が必要です。
保険についてはこちら